言葉を発信すること
f0100018_18174372.jpg

mother dictionaryのコンテンツ「3つのしつもん」に参加させていただきました。

こちらのコンテンツ、「あなたにとって、こどもとは? 男 (or女)とは? 母とは?」というとてもシンプルな質問に母親となった人たちが答えるというもので、開始から100人分の寄稿は書籍にもなっております。
そして今後は、新たに母親となった人だけでなく、男性や未婚の方まで幅広くいろいろな方に問いかけ、WEB上で連載していくそうで、そのリニューアルのしょっぱなに私の回答を載せていただきました。


去年のリメイクTシャツもそうでしたが、ブランドのディレクターという立場上、それまで自分の名前でお仕事をさせていただくということが無かったので、誌面やらHPやらメルマガやら・・・いろいろなところに自分の名前が書いてあることにとても戸惑いを感じます。

今回は特に本職とはかけ離れた「言葉」で表現をするものでしたので、自分の回答が問いかけに対して的を外した答えではないか、とても心配でしたし、本当に私でいいのかな?なんて今でも思います。

ただこれまでmother dictionaryにいろいろなオファーをいただいて、こうしてひとつひとつが形になっていくのを見ていると、私自身が何かを表現することに対しての楽しさも見いだせましたし、何かを世に送り出し、それを感じ取る方々がそれぞれどう思ってくださるか、は洋服でも言葉でも同じなんですよね。

自信が無いのはそれが明確に「1個いくら」とか言う形を成さないからであって、こちらが発信したものによって「何か」を感じ取ってくださることで、完結する・・・。
そう考えると言葉や音楽やアートなどってやっぱり私が普段していることとはかけ離れている感じがして不思議です。


今回私が発信した「言葉」をみなさんがどう思ってくださるかはとても興味がある反面、自分をさらけ出しているようで、恥ずかしいところもありますが、よかったら見てみてください。
3つのしつもん
[PR]
by almanacforkids | 2010-04-25 19:02 | その他
<< GWと新緑 Thinkin' bo... >>