カテゴリ:エコ( 4 )
布ナプキン
いきなり男子禁制な話で申し訳ありません。

オーガニックコットンに続き、最近よく目にするようになったのが布ナプキンです。
私が初めて知ったのはもう4、5年前でしょうか。マザーディクショナリーのサイトにて目にしたのですが、その時は半信半疑でした。
それから数年経ち、ここ最近ではnissenとか、生協などでもみられるようになってきました。(touta.さんは特許などは取らなかったんですね。広まればエコになるという考えからでしょうか、すてきです。)
それで私もたまに覗くフェアトレードのお店にて、実際に手に取って説明書きを読むことが出来るようになったのですが、その説明書きに「パンティーライナー代わりに」と書いてあったので、購入してみました。
実際、「肌に優しい」とか「敏感肌に」などと書いてある市販の紙製ナプキンをこれまで何種類も試してきましたが、生理後半には必ずかぶれるほど肌の弱い私。特に自転車に乗ってしまうともう、大変です。

なんでもっと早く購入しなかったんでしょうね、布ナプキン。

とりあえず試しで軽い日用を1枚だけ(高かったから;)購入したのですが、すばらしい付け心地でした。まさに目から鱗とはこのこと!!
私が購入したものは、肌に当たる部分がオーガニックコットンのものだったので、化学繊維が入っているショーツよりもよっぽど快適なんです。

まだ本格的なセットは購入していないので、軽い日や化繊ショーツの時にしか使っていませんが、モレが不安な方はぜひ、そういう使い方はどうでしょう??

もちろん、使い捨てないからエコ&節約にも大いに貢献できます。
洗うのは・・・意外と面倒じゃないです。お風呂のついでにさっと洗ってしまえば、らくちんですよ。
[PR]
by almanacforkids | 2008-09-18 23:43 | エコ
オーガニックコットンのハナシ
今年に入ってからオーガニックコットンを取り入れた商品がすごく増えたような気がします。
もちろん、こども服や育児グッズでは前からおなじみのこの素材ですが、みなさんはなぜオーガニックコットンがよいのかご存知ですか?


衣料品などに使われる綿を作る過程において、実はかなり多くの農薬が使用されています。
一説によると世界中の農薬使用量の24%を占めるとか。
それだけ多くの農薬を使用した土地は薬漬けになり、農家の方達の健康面にも影響を及ぼすんだそうです。

一般的に言われている「肌にいい」という効果は、オーガニックコットンを加工する際になるべく科学薬品を使わないようにしようとした場合においてのみで、農薬を使った綿製品そのものに農薬が残っている訳ではないのです。

また、「オーガニックコットン製品」という表示は、実は1%でもオーガニックコットンが入っていれば使える表示なんだそうです。実際、オーガニックコットンが100%だと用途が限られてくる、という声もあります。
その上加工工程にまでこだわると・・・
とてもみなさんに気軽におすすめできるお値段ではなくなるのです。
だからオーガニックコットン製品って、無地で染色していないものが多いのにそれでも1.5倍くらいはしますよね?

その辺の事情によって、今までは一部の方のこだわりにおいてしか反映されなかったオーガニックコットンですが、最近では製品加工工程において普通の綿と同じように加工したり、普通の綿と混ぜて使うことによって用途が広がれば、オーガニックコットンの消費量が上がり、農薬を使った綿の消費量が減るのではないか、という考えが広まっているのです。


そうすればオーガニックコットン自体のお値段も下がり、お安く提供できる訳です。
すてき。


もちろん、せっかく無農薬で作ったものなんだから、加工工程においても農薬や化学薬品を使わず、アトピーや肌の弱い人でも使えるようにした方がいい!!という意見もたくさんあります。
やはり加工において染色やプリントをしてしまうと、なめらかな風合いが損なわれてしまうんだそうです。
もったいないですね。

どちらが正しいとか、どちらが間違っているとかではなく、たぶん使う人、買う人の意識の問題だと思いますが、いかがでしょう?


私個人的には、almanacというブランドイメージや価格帯の枠の中で、オーガニックコットン製品が作れるなら、ぜひみなさんにご提供して行きたいと思います。


オーガニックコットンにおいて詳しくはこちらをどうぞ
http://www.joca.gr.jp/organic_cotton/whats.html
[PR]
by almanacforkids | 2008-09-11 11:28 | エコ
簡単なエコをね。
f0100018_17222026.jpg

近所のスーパーではペットボトルの回収の機械でそのスーパーのポイントが当たる仕組みになっていて、当たるとけっこうポイントが大きいので、それによってペットボトルを回収に出す習慣がついたゲンキンな私です。
そのスーパーで最近、ペットボトルのキャップを回収し出したので、特に何も考えずにキャップの回収にも参加していたのですが、数日前にそれがどういう意味があるのか知りました。

世界の子供にワクチンを日本委員会

こんな意味があったんですね。
知らずに協力できてうれしいけど、どこかに書いといてくれればもっと集まるのに・・・と思いました。
それにしても捨てていた物で寄付が出来るなんていいですよね。
「ゴミ」と呼ばれる物がだんだん減っていく世の中になってきたのがうれしいのは、私が埋め立て地育ちだからでしょうか・・・関係ないか。

上に載せた写真の植物たちは現在我が家のベランダで笑顔を振りまいているかわいい孫たちです(笑)。
去年息子が育てた朝顔から取れた種からも、かわいい双葉が顔を出しています。
ただでもらったブルーベリーもがんばれば今年実がなるかな?

植物を育てるのもCO2削減のために出来る立派なエコです。
それに土いじりってストレス解消になります。童心に帰るからでしょうか?
同じような感触で陶芸も童心に帰ったような気分になれます。
「水や空気」と同じように、人間にとって「土」もなくてはならない物なんだということを実感しながら、泥まみれになって暑くなってきた日差しを背に感じるのが最近の楽しみです。

みなさんもいかがでしょう?
[PR]
by almanacforkids | 2008-06-13 17:43 | エコ
アースデイ東京2008
今週末はアースデイが代々木公園で開催されます。
あいにく天気予報では土曜日は雨みたいですが、日曜日は晴れるようなので楽しみです。
でも年々参加者が増えているイベントなので、もし土曜日が雨で日曜日が晴れだったら、ものすごい人出かもしれません。
気をつけましょう。


アースデイというイベントは、ゴミの削減や資源の有効活用、フェアトレードやオーガニック(食べ物のみならず、衣料品に使われる繊維の栽培など)、戦争反対などのブースもあって、まさに「地球」がテーマなのですが、現実的に考えて、自分がそのすべてのブースに賛同できるかと言うと、難しいと思います。

ただ、こういうイベントがあることによって、たとえ賛成だろうが反対だろうが、その事柄について「知る・考える」きっかけが出来ることが、いいんだと思います。

アースデイについてはこちら
http://www.earthday-tokyo.org/
*参加する方はmy食器を忘れずに〜。



ただいまアルマナックでは3周年記念、送料無料キャンペーンを開催中です。
4/25までの期間限定ですので、よかったらお買い物して行って下さいね。
[PR]
by almanacforkids | 2008-04-17 12:15 | エコ